家賃を滞納してはじめてわかった

家賃を滞納してはじめてわかった

家賃を滞納し強制退去になりそうになりはじめてお金の大切さがわかりました。お金は一番じゃないけど、生活していく上では最低限必要です。私にとっては良い経験になったようです。最悪の場合を想定してみました。

1・家賃滞納で親に連絡

家賃滞納で親に迷惑をかけてしまっていたと思います。私の家は母子家庭のためそんな余裕はないはず。もしかしたら親までも借金地獄にはまっていたかもしれないのです。それだけは避けたかったし、何よりも親に知られたくない理由からすぐに対処しましたが・・・

2・ネットカフェ暮らしになっていたかも

最近は若者の間でネットカフェで寝泊りする人がいると聞きました。私も世間知らずの学生でしたから同じような目にあっていた可能性もあります。その日暮らしで学生生活なんて続けられるわけがありません。そうなれば当然大学も退学しなければならず、夢に進む道は途絶えていたことでしょうね。

3・借金持続にはまる可能性もあった

学生で既に多重債務者なんて酷すぎです。あのとき少ない金額で強制退去と言い渡されたからいいのですが、20万円も30万円も溜まってからでは無理でした。そうなる恐れもあるため、早めに管理会社の人も対処してくれたのでしょう。